​講師紹介 Faculty

Piano  
今井夏子  
Natsuko Imai  

 

Natsuko Imai 今井夏子

​プロフィール

東京都生まれ。ピアノ教師であった母の影響で2歳からピアノを始め、4歳にて桐朋学園子供の為の音楽教室に入室。桐朋学園女子高等学校の音楽科に進学し、上野久子氏に師事。桐朋学園を卒業後、渡米。マネス音楽院にてP.ドコフスカ氏に師事。マネス音楽院在学中にピアノ指導を始める。マネス音楽院を卒業後、活動の基点をニューヨークからイリノイ州シカゴに移し、ソロリサイタルの他、ピアノトリオの一員として演奏活動を行い、数々の賞を受賞。デポール音楽院在学中に、音楽祭、The United Sounds Americaにアマークラヴィーアの一員として、演奏活動を行う。また、演奏活動の他にも、音楽祭やコンクールへの出演の指導も行い、プライベートスタジオと音楽学校両方で音楽教育に従事する。North Shore School for the Art, World Music Company, DePaul School for the Music で指導。2013年より、活動の基点を東京に移す。Bilingal Kids Music International の音楽講師、Seisen International Schoolの伴奏者。Performing Poet Production の音楽監督。自身のプロダクションを主としてコンサート活動を行っている。現在今までに上野久子、B.スルツキー、P.ドコフスカ、E.アンジャパリッゼ、J.オソリオ氏に師事。

​自己紹介

今井音楽教室の今井夏子です。皆にNatsuko先生と呼ばれています♪

今までにたくさんの生徒さん達と関わってきました。今の生徒さんの多くは小学生ですが、幼稚園〜高校での授業、そして大学生と大人の生徒さんとのレッスンもとても楽しいです。

よく生徒さんから聞かれる質問をまとめてみました。

Q.   いつピアノの先生になりたいと思ったのですか?

A.    

実は、ピアノの先生になりたいと思ったことは一度もありません。「気がついたら なっていた」と生徒さんには答えるのですが、本当です。ずっと演奏一筋で勉強していたので、大学生の時に、近所の人や知り合いから「子供にピアノを教えてくれないか」と聞かれる様になりました。そしてそれがお仕事になりました。

 

Q.   今、何人位生徒さんがいますか?

A.  

毎週来る生徒さん以外も含めると大体30人前後の生徒さんを教えています。

 

Q. 今まで教えた生徒さんの中で一番小さい子は何歳ですか?

A.  

1歳の男の子です(2歳になる少し前)。最初は不安でしたが、30分レッスンを毎回ずっと真剣に聞いてくれて、「小さな子は集中力が続かない」「男の子は女の子より....」  というコンセプトを覆した子でした。その子を教えて以来、集中力は個人差があると実感できました。

Q. 教えていて楽しい時はどんな時?

A.  

楽しい時というか、一番嬉しいと思う時は、小学生や幼稚園の時から習っている子が中学生になって、高校生になってもお教室に通ってくれる事です。低学年から習っている男の子が高校2年生になりました。大学に入っても続けていきたいと言ってくれた時の感動は胸に突き刺さり涙が。。。。

 

中学生の子が引っ越しをして新しいピアノを買う話をしていた時に「ピアノはどうせ一生弾き続けるから」とさらっと言った時。

ピアノが生徒さんの人生の一部分となった時を感じれた時が何よりも嬉しいです!月に1回は生徒さんから泣かされています。(感動で♪)