「見えない不安」を理解して挑戦するパワーを手に入れる

「挑戦したくない」「やりたくない」は誰にでもある事です。失敗が怖くて挑戦できない場合です。「挑戦してみるべき」「やれるだけやってみる」等、大人でもそんな時に自分に言い聞かせる事もあると思います。勿論、自分に言い聞かせてできる場合は良いですが、そう簡単には行かない場合も多いです。「見えない不安」ただ気持ちが消極的になってしまう。そんな時は、『最悪の場合』を想定します。もし、この曲を練習して上手くいかなかったら、『最悪の場合』どうなるのか。自分にとって想像を絶する最悪な事態を想像します。そうして、実はその恐怖が全く大した事がない事に気が付きます。何かを始める時、

「最悪な事態」を想定してそれが大したことがないと分かった時、恐怖は薄れていきます。

16回の閲覧0件のコメント