ピアノ教室のコロナ対策

ここのお教室のスペースの広さと換気も良い所は運が良いとしか言いようがありません。オミクロン株が実際どの位感染力があるのかは分からないけれど、レッスン中に二重マスクを通過して感染させてしまう事があるだろうか。心配性の私は「あり得る」楽観的な私は「大丈夫だろう」自分の中の二人がディベートを始める時、論理的な私がまとめる。「分からないならディベートをやめよう」仮定を想像しだすとキリがないし、医学博士でもない私がデータを分析して1週間後、2週間後を想定する事は不可能です。実際、お教室に来なければレッスンの価値が半減する生徒さんが多数います。ここに来たい生徒さんもいるし、開けておく事に価値は十分あると考えています。コロナ対策の事だけを考えると、確実に来ない方が安全ですが、お教室は基本閉めない方針で、オンラインレッスンに切り替えるかお教室に来るか生徒さんに任せるという決断は今の所変わっていません。

一刻も早くコロナの終息を願う一方、このウィルスは大切な事を教えてくれます。不安をコントロールし、自分より他人、個人より社会に目を向ける事。社会的弱者が犠牲になり易いこのウィルスに立ち向かうという意味。このウィルスの拡大が終息を迎えた時、この経験から成長している生徒さんと自分に期待しています!

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示