ピアノ練習時間の目安。

一人一人可能な練習量は限られています。「練習をどれだけ長く出来るか」練習とは弾く事ではなく、曲を仕上げる事、出来ない部分を直し、曲を完成させる事です。レッスンで直した部分を自分なりに理解し、練習で完成度を上げていきます。練習量を増やす為に曲の難易度を上げたり、量を増やしたりします。例えば2週間で1曲仕上げていたのを2曲にする。その時に2曲になったから4週間かけるのではなく、同じ期間に倍の数の曲を仕上げる事が上達につながります。毎日の練習時間を増やします。必ず発表会の後にレベルが上がっているのは、普段弾かない難しくて長い曲を完成させるからでしょう。自分が心地良い練習より大変になった時、それをこなす努力が上達に繋がります。小学生は毎日、1時間程度は練習すれば上達に繋がると思います。



閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示