暗譜をする工夫。記憶力の秘密

楽譜通りに弾く事にこだわり過ぎると楽譜なしで弾けなくなる。楽譜通りに弾こうとしないと楽譜が読めなくなる。バランスが難しい時もあります。

日常生活で鮮明に覚えている事とはなんでしょう?大抵は「とても楽しかった事」「感動したこと」「嫌だった事」等、感情と結びつきがあります。音楽を感じとっていれば暗譜はしやすいと言えるでしょう。

大好きの曲や知っている曲だと覚えやすいと思います。

「好き」「嫌い」という事ではなく、「その曲の良さを見出す」事を考えましょう。

楽譜に書いてある事を見直してみれば答えが見つかるかもしれません。音以外の事。強弱、テンポ等、表現の仕方は楽譜に書いてあります。作曲者の意図を分かろうと努力すればいずれは弾き手に作曲者の魂が乗り移ってくるかもしれません。勿論良い意味で(笑)。そうなれば暗譜の心配はありません。 

7回の閲覧0件のコメント