よく聴く(片手とゆっくり練習)

片手練習をしましょう。ゆっくり練習をしよう。レッスンの定番です。まず片手練習ですが、片手で練習すると意外と弾けない箇所があるのが分かります。「両手だったら弾けるのに」と良く生徒さん達は言うのですが、何故両手で弾けるのに片手だと弾けないのでしょう。多分両手でも弾けていないのだと思います。「弾けている」様に聴こえているのかもしれません。それと同じ様に「速く弾けるのにゆっくりは弾けない」という事もあります。速く弾く方がゆっくり弾くよりも難易度は上がります。この場合は、速く弾いた時に精度を落としているのです。ゆっくり弾くと良く聴こえるので、弾けない箇所が分かります。結論は、「どこまで良く聴こえているか」が演奏の完成度の鍵となります。ゆっくり練習し、その音に耳を慣らす事によって、速く弾いた時に細かい場所も聴く事ができます。音楽は音の芸術なので、「耳をどの様に慣らすか」が大切だと思います。是非ゆっくり、細かく練習してみて下さい。丁寧な練習は必ず演奏に反映されます。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示