音楽家が良く使う音楽用語は大切な要素を含んでいる?

ピアノのレッスンで先生が頻繁に使う事や言う事、又は演奏家が頻繁に言う事があります。

頻繁に出てくるあの言葉、大切な事に違いありません。細かいことではなく、全てを含めた言い方。例えば「耳が良い」「よく聴いて」野生動物の様に、遠くの音が良く聞こえる訳ではありません。(笑)「音楽=聴く」は当たり前であって、忘れやすいコンセプトです。

「耳が良い」は音楽の細部を丁寧に弾く事が出来ると言う事です。音や音楽が繊細であったり、丁寧な演奏をする人の事を「耳が良い」と言う事があります。「よく聴いて」は同じく、演奏に丁寧さがなく、雑に聞こえる時に使われます。面白い事に「良く聴いてね」と声をかけるだけで意識が研ぎ澄まされ、それだけでグッと上手になります。良く聴くと言う事は、想像以上に頭を使うことなのかも知れません。

6回の閲覧0件のコメント