楽器の練習とはあなたにとってどの様な存在ですか?

クリスマスコンサートが終わり冬休みが始まったと思えば、年も明けて4月の新年度が視野に入ってきました。大きな節目を迎える子供達も多くいる中、改めて時間の経過と共に成長する一人一人の姿に心を動かされます。幼稚園生が1年生になり、小学生が中学生になる。大学生が将来に向けて人生設計をする時、これから足を踏み入れる分からない世界には不安が沢山ある事と思います。希望と勇気を持って始めの一歩を踏み出しても思い通りにならない事もこれから先多くあるかも知れません。その過程で、音楽を学ぶ事やレッスンに通う事が『変わらない何か』になる事を願います。練習も人生の中での状況や気分によって波があります。やる気が出てきたと思ったら違う事に気を取られ、そして練習を休むと中々取り戻しにくい、そして何かしらのきっかけで又戻る、その様な波を繰り返して個人の目的を基盤に成長していきます。ピアノを練習する中での1番の課題は個々に課された努力をする事だと思います。誰でも感じる『やれば出来る』は逆から言えば『やらなければ出来ない』になります。少しずつ苦手な部分を自分なりに理解し、無理の無い程度に徐々に自分の背中を押していけば、必ず結果は付いてきます。音楽を通じて得た自分に自信を持って、新しい場所での活躍を心から応援しています。



27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

あけましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。今年は練習にコンサートに色々活動の幅を広げたい年であります。皆様にとっても良い年になります様に